根管治療

根管治療

歯の根の中には、神経が通っているとても細い管があります。
むし歯が進んでしまい、むし歯菌が神経に到達したり、外部からの刺激によって根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、感染物質を除去する必要があります。
そのような治療を「根管治療」と呼びます。

こんな時、根管治療

むし歯

むし歯がどんどん進んでいくと歯の根の中に走っている神経に以上をきたしてしまいます。痛みを生じ、根の治療が必要になります。

根の異常

歯の根の異常には様々な物があります、歯の神経の異常をきたすと痛みを伴い、膿がたまってきます。

神経の異常

神経の治療、すなわち歯の根っこの中をきれいにする治療です。根っこの異常が治る事で、差し歯などを作る事ができます。

歯科用顕微鏡を使ったサンプル歯科の根管治療

ここ近年の医療機器の進歩により、歯科で顕微鏡を使って治療を進めていくことが出来るようになりました。今までの肉眼により経験と勘で根っこを治療してきた物を、顕微鏡をみながら1mmも満たない根っこの治療の精度を上げ、より確実に成功させる事が出来るようになりました。
当歯科では、歯科用顕微鏡や、最新でかつトップクラスの治療器具を使い、根っこの治療に必要な治療時間を十分にとって治療を行います。また、治療した歯を生涯異常なく使っていただく、そのための保証もご用意しています。

診療方針や設備について

みなとみらい線「中華街」駅より徒歩3分の山下公園前にある「サンプル歯科病院」は、具体的な治療方を分かりやすく説明し、患者様のご理解と承諾を得た上で治療を開始する『インフォームドコンセント』に基づき患者様にとって優しい診療を心掛けております。

重苦しく緊迫した空気が漂う病院ではなく、誰もが気軽に立ち寄れる快適な空間を意識して設計された当院には、小さい病院では珍しい最新の医療機器を導入しており、そうした機器を扱うための勉強会にも積極的に参加しております。